優勝5


スプラ甲子園を圧倒的な力で優勝
「いかたまkids」徹底解剖!
管理人も視聴しておりましたスプラ甲子園、決勝戦まで無敗!
勝ち試合は全て20%前後の圧倒的塗りポイントの差で勝利
怒涛の勢いで優勝まで駆け上がった「いかたまkids」
その強さの秘密に迫りたいと思います。
シオノメ油田編
sionome_smn
【初動】
画像上から
スシコラ・・・最速壁からガチエリア上→中央通路へ
96デコ・・・最速壁からガチエリア上→中央通路へ
ダイナモ・・・中央通路で時間かせぎ
3Kスコープカスタム・・・壁上から狙撃・けん制後即北

油田初動1油田初動2
【解説】

96凸が最速で中央通路バルーン横にシールド展開する事がシオノメのセオリーとされています
その為、通常中央で読み合いが発生し、ボムのけん制等でこう着状態になりやすいです。

しかし、「いかたまkids」は96とスシコラが最速で壁からガチエリア上に侵入
リッターもそれに続く陣形をとり4人中3人が壁から入り、北から通路に圧力をかけています。

「いかたまkids」は全試合一貫してこの初動を通しており相手の編成関係なく決め打ちしてます

これを打ち砕くには
同じく最速で北に人数をぶつけ撃ち合いに勝利するか、もしくは中央1人のダイナモに
即効でパワーかけて通路を確保後、相手陣地高台を占拠する方法がありますが
どちらも、あらかじめ相手の初動がわかっていないと連携がとれないため、
中央に人数が来るというセオリーと大会での一発勝負を逆手にとった素晴らしい戦術です。


【リッター】

油田

油田きたぬり
油田きたぬり
【解説】

リッターは、油田北の正方形の地形を利用し縦に効率よくぬっています
ここは塗りの強いスシコラや若葉など短射程が塗ることが多い中
リッターが塗っているのは目からうろこでした。 
ダイオウイカが貯まる分だけ塗り、北の半分は塗らずに次のダイオウの為に残しています。

立回りは北から出ることは全試合通して20秒もありませんでした。
1、3人が撃ち洩らした相手を北から抜く
2、仲間のビーコン代わりになる
3、絶対に死なないこと
この3つの仕事を受け持ち北の守護神と化していました。


【シューター】
油田
油田きたぬり
【解説】

初動後は、ガチエリアのセオリー通りですね
96デコ、中央バルーン周辺にシールドを展開、敵の侵入の妨害。
スシコラ、相手通路から、北のリッターのフォローまで大きく動いて2:1の人数有利を作る。
ダイナモ、高台へのけん制を主に請け負っていました。


【総括】
シオノメ油田に関しては、甲子園中一度も北を確保されていない鉄壁の守りをみせていました。
全体的にはオーソドックスな立ち回りです、しかし初動に関しては恐らく何十回、それ以上
練習して綿密に合わせてきているのが動きからハッキリ分かります。
初動を制せばシオノメ油田は負けない確固たる自信がのぞけていました
ラスト数十秒の運の要素もあるナワバリバトルですが
シオノメ油田が選択されていた場合、100回やっても「いかたまkids」は全部獲っていたと思います。

【次回】残りのマップの解説とメンバー4人の分析も行っていきたいと思います。
     第2回甲子園が行われるか分かりませんが、しっかり分析して絶対倒しましょう! (たまには真面目な記事もあげるでえ)