優勝5
スプラ甲子園を圧倒的な力で優勝
「いかたまkids」徹底解剖!
管理人も視聴しておりましたスプラ甲子園、決勝戦まで無敗!
勝ち試合は全て20%前後の圧倒的塗りポイントの差で勝利
怒涛の勢いで優勝まで駆け上がった「いかたまkids」
その強さの秘密に迫りたいと思います。
デカライン高架下
磁嫉磁屡治湿磁失-磁蕊磁辞磁痔磁-莇赦軸湿執写雫紗
【初動】
画像左上から
スシコラ・・・中央最速→ガードレール周辺
96デコ・・・右自陣塗り→右高台からエリア進入
ダイナモ・・・左自陣塗り→中央から進入
3Kスコープ・・・中央最速→ガードレール周辺
無題2
【解説】
デカラインのサンプルが少ないため確実とは言えませんが
他マップ同様初動は全て決めて動いていると思われます。
前線キープチーム
スシコラとリッターが最速で中央に抜け、リッターはガードレール横から相手陣地を狙撃、
スシコラはガードレール周辺をぬりリッターが逃げれるように固めています。
自陣塗りチーム
ダイナモは、コロコロも使い自陣左通路をぬり、スペシャルが貯まり次第即吐き。
96は、リスポン地点周辺塗りから右(ホコ富士山)の位置から自陣塗り→高台から進入

他マップとは違い、自陣塗りからスタートする立ち上がり
96とダイナモが自陣担当する珍しいスタイルです、しかしそこはさすが優勝チーム
無題2
矢印白丸部分、自陣エリア中央は塗らずにリスポした仲間がスペシャルためて
復帰できるように塗らずに放置している。 無駄がない。


【リッター】
無題2
右高台を常にキープしています。
アロワナモールでも感じましたが、いかたまのリッターは
前線のかなり高い位置をキープしている印象があります。
通称リッポジといわれる安全かつ撃ち抜きやすいポジションではなく
あえて狙われやすい位置に入り、安易に抜きにきた相手を、抜き返すスタイルのようです



【シューター】
無題2
無題2
96が左高台の封鎖と中央のフォロー
ダイナモが右から中央へ前線を押し上げる役
スシコラが広く動き2人のフォローに入り常時ツーマンセルの陣形を取る

各武器の役割がアロワナモールと全く同じですね。
決められた役割を確実に遂行しています。



【総括】
右高台を終始リッターが確保していた為、敵は中央または右高台から抜けていくしか
なくなっています。 しかし右高台したにはシールド展開している悪魔の96デコが
微笑みながら待ち構えています。 中央から打開するしかなくなっています。
相手は、初手で自陣エリアを塗りきっているためスペシャルを貯めることができず
丸腰で、下に待ち構えるダイナモとスシコラと戦わないといけず
攻め手がなくなり閉じ込められ牢獄状態です。

相手を押し込む事はガチエリアでも一番理想の形なんですが
いかたまは連携をとって、初手の段階で相手をこの牢獄にさせる戦法を得意としています。
甲子園全試合を通して塗り返されることがなかった程、相手に刺さっています。

【次回予告】今日はアロワナモールとデカライン高架下の2本立、
タイムシフトの関係で残りのマップは間に合うか不明です。