K0L2Eyil
NISの見事優勝で幕を閉じた第4回SyCUP
数ある激闘の中で管理人を熱くした試合を厳選して解説を差し込んでいきたいと思います。



まずは
ブラジャーex 『胎児 にょーい ティラミス かおちん』
VS 
Decoy麻雀部『ツンデレ娘 オトリ くらうど とうぽー』
b4fb92ac-s

無冠の王 胎児率いるブラジャーex
images
【スプスコ 52 96 わかば】

前大会覇者Decoy麻雀部
images
【バレデコ 96 スシ ロンカス】


初動
正面2枚
images
52が正面でシールド
わかばが壁裏バリア貯めからの侵入


右2枚
images
96凸は最速で坂上にプレッシャー
スプスコはスペシャル増加を活かして対岸にメガホン、初動はどのチームも固定でしょう。



images
にょーいさんが開幕怒涛の3キルから試合開始
Decoyは96がオフェンススシコラとロンカスはディフェンスバレルがMF
ポジションはきっちり分けて一度も崩さなかったですね。




【ポイント】
自陣確保が4:09
images
両エリアを確保したので、自陣に来ていた96を追って、胎児さんが左に詰めてる場面です。

確保返されたのが3:56
images
96を倒し振り返ると・・・
わずか10秒ちょいで両エリアが真っ青、自陣エリアに敵は誰も来ていません。
バレルスピナーが対岸からガツガツ塗っています。

自陣側にはわかばと52、スパショ持ちすらいないので対岸をけん制するすべがない。
相手にチャージャーがいないと分かった時点で、初期の配置をにょーいさん(チャージャー)正面
96とわかばを敵陣に配置したほうが良かったかもしれません。
にょーいさんが正面担当していた陣形時はカウントが止まっていましたので

かおちんさん自体が前線張れる、わかば使いなので尚更もったいなかったです。
中射程が複数いる相手に正面が52とわかばだけといのはさすがに厳しい。


打開
images
打開は右から、敵陣地から落とすほうがモンガラは楽です
これは野良でも同じですので両方奪われた場合は右の圧力を強めたほうが良いかと。



1試合目結果
b4fb92ac-s


b4fb92ac-s
青のDecoy側が対岸から塗っているのが分かりやすいですね。
相手がチャーあり編成の場合両サイドをきれいに挟んだ胎児さんチームが勝っていたと思います。
しかしDecoyは対岸からの塗り性能がかなり強いため、オフェンスの96が1人で時間を稼いでいる間に、ピンポイントでエリアを確保する戦法が刺さり、試合をコントロールされていました。
かおちんさん(若葉)が必死にバリア打開した苦労の跡地が残っていますねw

2試合目

images


images
【ブラジャーex】
リッター スシ 96 わかば


images
【Decoy麻雀部】
ダイナモ バレル凸 ノヴァネオ スシ




2試合目はリザルトのみ
images
胎児さんの成績ばかりに目がいきますが・・・

Decoy麻雀部の成績を見てください

キル数トータル 27
デス数トータル 37

Decoyはこの試合エリアでステジャンゾンビ戦法を仕掛けてきています


この試合胎児さんが前試合を引きずって、精細を欠いた動きだったのですが
それでも通常エリアでこれ程の差があれば余裕でノックアウトしています。

若葉使いのかおちんさんも、十分な生存ポイントの為、塗りでも普通は負けていないでしょう。
つまり、これだけ倒して塗っても『ブラジャーex』は数値上はまだ足りてないことになります。
この試合全員が恐らくキルレ2のノルマをこなさないと勝てなかったでしょう。


1、ゾンビコンビの、ノヴァネオとダイナモローラーに無敵系スペシャルを吐かされてしまう。
ゾンビコンビに無敵系スペシャルを使わされてしまう、これがキツイ。
無敵系がないと、どうしても後ろに押されやすくなりエリアが継続して維持できなくなってきます。
かおちんさんとティラミスさんが好成績を残されていますが、じゃあもう一度戦ってこのレベルを継続して叩き出せるかと聞かれたら答えに困ると思います。特にノヴァ相手にすると引き分けとられるので相当難易度高いと思います。 それに対してDecoyは何度やっても最低でもこの成績を出してくるでしょうし、出せば勝てることになります。

2、キンメダイ美術館というステージ
キンメダイ美術館は割と中央に抜けやすく他マップに比べ絶対的に押し込んで勝つのが難しいステージです。
その為ゾンビを前で押し込んで封殺する戦法が使えません。
この試合、開幕から2・3度「ブラジャーex」は相手陣地回転体まで押し込んでいますがやはり前でキープ長時間キープ出来ていませんでした、その辺りも加味してDecoyはゾンビで来たんではないでしょうか

つまり開始段階で、モンガラ同様かなり不利を背負って戦っています。
甲子園の記事でも解説していますが
【保存版】スプラ甲子園優勝チーム「いかたまkids」を徹底解剖!

動きを最適化している相手に、個々の能力が高くても勝てないのがこのゲームの特徴の1つです。



そんなわけで残りは選手のギア

【バレルスピナーデコ ツンデレ娘さん】
images
ギアは固定みたいですね。野良で何度も当たりましたが硬かったわ~



【ノヴァブラスターネオ オトリさん】
images
本番で穴あけしてない頭装備にw ゾンビを隠す気がないパワードスーツww


【スシコラ とうぽーさん】

images
スシコラはオーソドックスなギアですね
撃ち合いも強く、要所で出すスパショが光っていました。



【ダイナモローラー クラウドさん】

images
ギア構成的に敵を倒すのではなく、何回エリアでパシャって死ぬか
カウント稼ぎ用にギアが構築されています。


Decoy麻雀部も普通に優勝があったチームだと思います


Decoy麻雀部の名物スピナー、ツンデレむすめさんですが、名言を残しツイッターには墓が建っていました。 引退はさみしいですね。