maxresdefault

『前線を上げること』
ガチエリアで最重要な勝利要件の1つです。
これを知らない事は、ガチホコで富士山の位置知らないと同位です。


現在、視聴者様に送っていただいた動画を元にアドバイス解説をすすめているのですが、その中で
私がよく『ガチエリアは前線を上げろ』よく言っていますが、この意味に関して認識がずれているかもしれないと感じましたので、今回少しお話ししたいと思います。

わかりやすいマップでホッケ埠頭
A・B帯のフォーメーション

hf
『自陣守ってる奴は前行けよ』とか『1人のぞいて前線あがっとるやん』等、色々感じるかもしれませんがこれはまだ戦線上がっていません。
A・B帯の考えていることは、赤のゾーン相手より塗って塗り勝ってカウントを稼いで勝とうとします。その為こういった配置になりやすいです。



カンスト勢のフォーメーション
hf
これが私が言う前線が上がっている状態
ポジションの高さはそんなに変わっていないのがわかると思います。
前線を上げることを、リスポ地点まで行ってリスキルしろと思っている方がいるかもしてませんがそうではありません。青のゾーン中央全域に1匹残らず入れないフォーメーションが前線が上がっている状態です。

敵リスポ位置によって前線の位置なんて人それぞれで変わるやん、そういったものではなく中央ゾーンに対して侵入経路をつぶせる位置が前線位置です。

【ざっくりまとめ】
A・B帯はエリアを相手より多く塗った結果で勝とうとする。
S+は相手をエリアそのものに触れさせない結果勝つ。
ガチエリアに向き合う姿勢といいますが考え方が違います。

これはエリアを常勝するためには100%必要な考えで、立ち回りの要になります。ガチエリアをプレイしていると最終的に行き着く考えなのですが、早めに知っていて損はないと思います。ちなみにナワバリバトルも同理論で通せます、塗って、塗られて多く塗ったチームが勝つのではありません塗って、塗らせない、より塗らせなかったチームが勝つ。近いようでまったく違う考え方なのでフェスの際など覚えておくといいと思います。


【スプラのマップ特性】
なぜこの理論、立ち回りが必要になるかといいましと、スプラのマップの特徴に起因している部分が大きいです。
スプラトゥーンのマップは基本的に、

・自陣→狭い通路(飛び降り)→開けた中央のゾーン
・広い自陣→短い狭い通路→開けた中央のゾーン 
多くがこの2パターンのマップに分類されます。

hs
ハコフグ倉庫も自陣があり、狭い通路、飛び降りて広い中央に入るマップ。
前線を上げて青の中央全域に1匹たりとも入れないようにするのがS+やカンスト勢の考え方、赤のゾーンで塗って塗られて勝とうとするのがA・B帯の考え方



bp
Bバスも一見開けたようなマップになっていますが、中央への入り口は狭くなっている部分があります。
赤のゾーンに敵をいれる立ち回をすると、『敵陣エリア確保しているのにカウントが進まない』→『味方陣地取られている』→『味方陣地塗りに行く』→『今度は敵側エリアが塗られる』→『敵陣塗りに行く』、以下ループ。

ポイントは『
狭い通路(飛び降り)』この部分を抑えることです。


【前線を上げるメリット】
1、敵の侵入経路を制限出来ます。

下の画像のようにホッケ埠頭の場合は狭い通路、もしくは高台からは身をさらして飛び降りなければならなくなります。この状態にさせて八方ふさがりの状態をキープさせるのがカンスト勢。敵がどこから来るのか分かりやすいので簡単に狩れます。


しかしA・B帯のプレイヤーはこの状態にしたとしても、ガチエリアの方に注意がいって前線を下げて中央ゾーンに容易に侵入を許してしまいます。最優先は敵を侵入させないこと、その次にガチエリアの奪還これ位の認識で問題ないと思います。
WVW69jGYgdIyoEsEse
WVW69jGYhrslU3VigP

2、自陣エリアを守る必要がなくなる。
WVW69jB08TEMiYo9ZJ
青のゾーンに敵をいれなければ、自陣側のエリアを守る必要がなくなります。わざわざ自陣側を見張る必要もなく、前だけに注意していればよく、前線に人数もさけ戦いが楽になります。

3、相手スペシャル発動の緩和
「スプラトゥーン スペシャルゲージ」の画像検索結果
相手を自陣に押し込める為、敵は塗れる範囲がなくなりスペシャル増加を抑えることが出来、スペシャル打開の脅威を緩和させることができます。

4、前線維持
「スプラトゥーン スーパージャンプ 方法」の画像検索結果
万が一倒された場合も、仲間へのジャンプ、前線復帰も敵の侵攻に間に合い崩されにくくなります。

【ざっくり総括】
前線を上げないと15キル10デスなど、キル・デスばかり無駄に増え『これだけ自分が動いているのに何故こんなにしんどいんだ』って試合が多くなります、また試合ごとに自分の調子や敵武器との相性、仲間の強弱にも勝敗が左右され勝率が安定しません。前線を上げる意識を持てばそういった要素で試合結果が左右される事が少なくなってきます。

前にいると敵が沢山来るし怖いと思われがちですが、前線上げて前にいる方が圧倒的に楽です。 今後各マップ前線のポジションなど、詳しく視聴者様から送られてきた動画を元に解説していけたらと思います。では

※理論自体は間違っていませんが細かい点は個人差あると思いますのであしからず。 この考えで挑めば確実に勝てるようになりますのでその点だけはご安心ください。