download
個人的に私がスプラで大切にして欲しい事を書きました。



1,
子供たちが楽しくできる。

2,
中級層が上を目指しその道筋があるゲーム性


1に関しては
スプラトゥーンって根の部分はパーティゲームだと私は思っています。
eスポーツだとかガチのシューターゲーとかそういったものではないですよ。ワイワイやるもの。

eスポーツとかもしそういった環境に持っていくのであれば
それは作り手がゲーム内で整えるのではなくてプレイヤー側の仕事じゃないですか?
事実前作ってそうやって盛り上がりました。


あくまでこのゲームは子供たちが楽しく、気持ちよく塗って楽しめる。
そこを大切にするべきです。

初期のインタビューで「今作のSPはスペシャルな効果ではなく、使いどころを
考えないと強くないスペシャルにしました」って言ってましたが
「楽しめるスペシャルにしました」とかそういった言葉が一番最初に出ない時点で
このゲームを面白い作品にしようとか微塵もないのが分かります。
別の軸で作っている。



2に関して
メインの購買層ってここだと思います。


前作この層にうけたのは、カジュアルな見た目など色々ありますが、
武器選択があり、ギア選択があり、マップ理解、立回り、撃ち合い
それぞれのプレイヤーの適正に合わせてどこのステータス伸ばしても強くなれる
要素があり普段ゲームしない層も熱中させる部分を用意していたことだと思います。

上手くなりたい人がゲーム性を探求して。研究して上を目指す、
その人たちが上にいって次の中級者たちがそのひと達をみて動きを覚えていく
そのサイクルが良い循環を生んでました。
それが新規IPで初販15万本から150万本まで続伸させた要因だとわたしは分析しています。


その中のいくつかがスプラ2になりなくなったり、意味が無くなったり、弱くなったり。
その結果、他のシューターゲーと同じような能力が必要になってしまい
その人の限界に達すると伸ばしようがなくなる。
ただただ成長性のないゲームって飽きも来ます。

過去色んな話題が前作飛び交っていたと思います。
・ルートの選択
・ギアの個数
・動き方
・初動の取り方

そんな話題2になって見かける事殆どないです。
ギアの個数なんて上位勢の配信いくと何千回聞かれてるんだっていうぐらい聞かれてましたし。
みんなが上手くなりたくて模索してました。

私はスプラ1は将棋とかって例えていました。
野球でもサッカーでも将棋でもなんでも
一定のセオリーがありそれにたいしてどう崩すか、また型にはめないようにさせるか
それの読み合い、取合いが見てる側も面白いわけです。

ノーアウトランナー1塁でバントするのか、エンドランするのか盗塁するのか、
守備側は、相手の打者に合わせて守備体系を替える、局面によっては敬遠するのか

今は小学生3年生体育のサッカーの授業。
ボール(エリア)にむらがりサッカークラブに入ってるやつが抜ける。

これを崩してしまったのって塗り固めた方が強い、有利っていうこのゲームの基本といいますか
アイデンティティの部分じゃないですか。
そこを前作打開できないからっていう意見聞きすぎて、色々入れ込んだ為塗り固めても常におびやかされる。
チクチクゲーになる。



そういったものを削除した関係で案の定野良大会が廃れる。
2000人以上参加して盛り上がっていたものが、最大規模でも800人レベル
ソフト自体は2倍以上売れているのに新しい人たちはどこにいったの?





ゼノブレイドの総監督の高橋さんも言ってますがリスペクトって賞賛することじゃなくて、理解すること。

この流れでスプラトゥーンを作っていけば格闘ゲームと一緒で閉じたコンテンツに向かっていくことなんて容易に想像できます。


私はスプラ2のコンセプト・根幹は続編に引き継ぐべきではないとハッキリ言います。
スプラ3に引き継がせないためにも言わないと、このままだと
・調整出来ない傘を削除させる判断もできずに続投。
・スプラ3の初期マップにデポン用意しました。
・ハイプレも文句多かったけど意地でも実装しますとか
ありますよ?




開発に言いたいのは
いじり倒して作るなら
スプラトゥーンXとかナンバリング外すなり、ゼノブレイドクロスみたいに世界観も替えて別として作るべきです。
2年後の設定で1の武器、ステージ、キャラも出してやるのなら
当然前作のプレイヤーはあの熱中感を求めて期待してやってきます。

スペシャルかえたりサブかえたりメインかえたりしてもいいと思いますが根幹の替えてはいけない部分いじるのは愚策ですよ。



あと当然クリエイターはいいもの作れば評価されます。
色々な舞台で賞も受け脚光を浴びます。
ゲームになれば世界的にも注目されます。


反面どの業界でもそうですが賛否あるもの出せば当たり前ですがつつかれる。
良い時だけ都合よく評価されて、微妙時はノーカンって楽ですね。









今殴り書きしたので読みにくくてすいません。