823416
配信環境や大会、スプラ界隈の事なんかについてお話ししたいと思います。
※今回は番外編です、スプラ2自体に全ての問題があることではないです。


前作って朝まで起きてても見たい大会とか、週末の用事を切り上げてでも観戦したかった対決ってありませんでしたか?

私は見るだけのスプラトゥーン好きだったのでありました。
しかしスプラ2になってそういった感情は薄れました、私だけがそうなってればよかったんですが、野良大会の熱を見ても出場者も観戦者もそこまで熱心にやっているような感じはみてとれないです。

前作は何か問題起きたら
・プレイヤーもブチ切れてたし
・観戦者もブチ切れてた

場外乱闘になるくらい皆本気だった。

2になってそういった光景無くなりましたね。

スプラ2のゲーム性の部分の問題があるんですが、散々語ったので今回はゲーム性以外で何が問題だったのか抽出したいとおもいます。


<問題点1>
後発組が育たなかった、スタープレイヤーの不在。


私はスプラ2のプレイヤーと言われてもあまり思いつかない。
スプラ1のプレイヤーが残って頑張っているという印象しかないです。
エリアがゲーム性上死滅、しかし多くの大会がエリアベースで運営していたので観衆を沸かす見せ場が作りにくくなったのも可哀想ではある。




<問題点2>
武器とプレイヤーの紐づけが出来なかった。

結果的にこれが一番弱かったように思えます、スプラ2のゲーム性にも原因があるのですが、○○といわば●●というような、この武器と言えばこのプレイヤーというようなキャラ付けができなかった。
ゆごにゃあならガロンとか
その武器のプロフェッショナル達がいて、その武器の戦い方や同武器対決が熱かった。

どちらかと言えばスプラ1の残っている配信者達はキャラをしっかり立てる事の重要性が分かっていたのか、環境に対して弱かろうが比較的持ち武器を貫き通した印象があります。



<問題点3>
スプラ1のプレイヤー達が辞めた。

残っている人達も減っていき。(スプラ1のプレイヤー達のツイッターとか見ても誰一人スプラトゥーンを嫌いになっていないんですよね、スプラ2のやる気がおきないだけ)

中堅都市位あった規模のコミュニティがご近所の寄合いくらいになっている。
夢の対決、惹かれる対決がなくなる。

プロチーム出来た頃は、プロ同士の対決やプロVS野良(プロ潰し)の対決など期待していたのですがいまいち消化不良でした。
結局スプラのプロチームも殆ど解散してしまい、なんだったのか分からなくなってしまいました。






<問題4>
オープンレックという配信サイトの特性

スプラトゥーンの配信サイトといえばオープンレックが挙げられます、スプラトゥーンの配信者を集めてニコニコから移動させました。 ここにちょっと問題があります。

スプラトゥーンしか配信しない配信者とスプラトゥーンの配信しか興味ない視聴者を集めたので、該当コンテンツに勢いある時にいっきに視聴者数囲い込まないとピークアウトすると落ちづづけるしかない。 再浮上する可能性がない。
同じ人がスプラ配信者の配信を回遊しているだけで、それも次第に人数削られていきます。 




スプラ2のゲーム性を出発点にこの辺りの問題点が全て噛み合った気がします。


images



今作スプラ1→2のようにクールタイムがほぼ無い状態で次作にバトンをつなげるのは不可能です。
最短でも1年、下手するとそれ以上「無」の時間が続きます。


スプラ配信者や実況者にとっては「減る以外の選択肢がない」スプラトゥーン史上最悪の暗黒期。地獄と分かってても進むしかない。

地獄のパレードの開演。




多くの人がYOUTUBEやオープンレックで収益化通しています。
スプラ配信者の多くが動画・配信で収入得たいとか考えていると思います。

配信者にとって扱うタイトルって商売道具ですよね。
ならその商売道具に対してメーカーが粗悪品出してきたらちゃんと言わんといけんと思うけどなあ。

料理人なら切れない包丁をメーカーが作ったら怒るはずです、私だったら良い包丁でうまい飯を提供出来た方が多くの人に喜んでもらえると考える。 

たら・れば言っても仕方がないですが、スプラトゥーン2が魅力あるゲームに作られていたら現実的に実況動画で数百万稼げてた人も出てきてたと思います。


一番自分たちがマイナスに影響受けているのに何も思わないのかなあ。