aedefe9c74194f6cb2ba9cf368bcb7f3
スプラトゥーン2ゴミシリーズにゴミ界の最終兵器、不快の詰め合わせセット「トーピード」がいます。

今回はそのトーピードとその裏に潜むスプラ2の闇に迫りたいと思います。


img


<問題点1>
トーピードは基本短射程に装着させて対長射程へのけん制用のサブウェポンとして開発されたのだと思います。知らんけど、多分そうやろ。



show
しかし実際は軌道上にいる最初に反応した敵に向かっていく仕様にになっています。当然一番影響受けるのが前線武器短射程です。
短射程が短射程を殺しにかかる構図が出来ました。


show
本来はロボットボムのように着弾予測地点付近にいる相手に反応してそれに向かって行くサブウェポンでしょう。 



<問題点2>
download
自動追尾、索敵性能。
スプラ2の開発は、トーピードに限らずスプラのゲーム性質上禁忌の部分に平気で触るなあ。
海外の世界遺産に落書きする日本人観光客のよう、後先何も考えていない。

スプラってインクに隠れて相手に見つからないように動けるのが他のゲームと大きく差別化出来ているとことですよね?

殆ど導入しなかったから良かったですけど、初期サブとして多くの武器に装着されてたらとんでもねえ糞ゲーになってましたよ。
潜伏とかなにも意味がない。





<問題点3>
スプラトゥーン2を煮詰めたような陰湿性能

show
最悪の不快感を与えてくれる。
着弾して爆発するまでは分かります、そこからさらに散弾してネチネチダメージを入れてくる陰湿さ。
このゲームにどれだけネチネチ要素いれたいんだよ開発は。



これを平然と開発後期に入れてきてきた事に、怒りというよりも呆れ果てた。
初期のゲーム設計から始まり、後期になってもまだこういう考えなの?

皆さんも考えてほしい。
新サブウェポン導入の企画会議で
「このサブウェポン追尾性能あるだけじゃなくて、実は爆発するんです、しかも着弾すると分裂してプレイヤーに死なない程度ギリっギリのダメージ入れるんですよ、面白くないですか?」 ←みなさんだったらこれ通します?

ネチネチ大好き陰湿スプラ2開発では通っちゃうんだよなあ~。
これがスプラ3作ってるんだから笑える。






スプラトゥーンとは…
スプラトゥーン1ってやってた人なら分かってもらえる部分があると思うのですが、子供の頃山や森に入って冒険ごっこ、鬼ごっこしたり、秘密基地作ったりして、なんかワクワクしてた童心を思い出させてくれた作品。
大人になったらたいしたことない空き地の壁も子供の頃は高く感じて、でも登りたくて頑張って登って見下ろす景色は最高だった。

そういった感覚を味わえた、インクを使った壁をよじ登って、初めて自転車でどこか行くみたいにインクでスイスイ進んでいく…。
そんな感覚が味わえるから、だからまず先に大人がハマれたんじゃないかなあ。

maxresdefault
子供の頃学校帰り友達と団地で遊んでいた。
ヒラメが丘団地でノスタルジックになんか寂しい気持ちになったりしませんでしたか?






スプラ2はきったねええおっさん(大人)が作ったゲーム。
スプラ2は社会で汚れたきったねえおっさん(大人)が作ったゲームで
社会の薄汚さや、人が持ってる限界とか壁、息苦しさを思い出させてくれる。





毎回比較で出させてもらって申し訳ないんですが、
スプラトゥーンの創造神の阪口さんのゲーム開発への取り組み

show
梱包材置き場で拾ってきたダンボールとジョイコン、文房具だけでゲームの仕組みを作る、こんなこと大人になったら普通は出来ない。
大人になると体裁をつくろったり、作品もガワだけ小奇麗に作ろうとする。
阪口さんにこういった感覚があるからスプラトゥーンが出来たんだと誰でも分かる。



page02_img02
show
くだらないモノを作ってみたり。
固定された枠にとらわれない。





最初私は開発期間がしっかり取れれば良いモノが出来るものだと思っていました。
スイッチを軌道に乗せるため開発した急造品(スクエニの作品とかで決算に間に合わすために未完成のような作品何本もやらされた経験があります)、会社命令なら仕方ないかと思っていました。

今はスプラに関しては開発期間の問題ではないって言うのが私の見解です。
持っていないものをいくら長く開発しても、ないモノは出来ない。
ちゃんとした人が上に立ってくれるのを願うしかない。